養生とは

あらゆる場面で塗装を施すことが必要になった際には、養生という作業を事前に済ませることが一般的です。


例えば住宅関連の場合では、外壁や屋根などを塗装する場面が多く見られ、リフォームとしては多くの住宅で施工している内容です。


この場面では足場を住宅を取り囲むように設置を行いますが、その際には周囲に塗料などが飛び散ってしまうことがないように、足場の周囲を囲むようにシートを被せることも行われています。


この作業についても養生の範囲になり、解体作業を行う現場では建物破片が飛び散ることを防ぐ役割を担っています。


一般的な養生の内容では、塗装を施さない部分を隠す作業が該当しており、マスキングテープやビニールシートなどを利用して保護を行う方法が一般的です。


住宅の外壁を塗装する内容では、窓ガラスや玄関ドア、換気口などが該当しており、細かい部分にまで養生をしっかりと済ませることで、綺麗に作業を進めることができます。


塗装作業の中でも地味な作業になることが多いものですが、職人は誇りを持って作業を行うことになり、養生の作業によって完成度が変わるような重要な内容ということができます。



広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

解体工事に足場が必要な理由

解体工事の見積もりを業者に出してもらうと足場代があります。


この費用は、足場の設置と撤去そしてそのもののレンタル料金のことですが、10万円前後することが多く、『なぜこんなに高いんだろう、これさえなければあと10万円は安く塗装することができるのに』とひそかに考えている人も少なくないかもしれません。



足場が必要な理由は、外壁に満遍なくきれいにして塗料を塗るためです。


もし、何もない状態で塗料を塗るとすれば2メートルを超えるところは中々塗料を塗ることはできませんし、仮に塗れたとしてもキレイに満遍なく塗ることは難しくなるのです。


では、脚立や梯子を使って塗ればいいではないかという人もいますが、脚立や梯子は風が強い日や雨が降った翌日など地面がぬかるんでいることも多く、倒れて作業員が落下する危険があるのです。


また、3階建ての建物の場合は脚立では届きませんし、梯子を使ってもさらに危険なのです。

昔の足場は丸太2本で組んでいましたが、最近の足場は滑りにくいように工夫がされていますので、危険性は少なくなっています。
また、重量も軽いため持ち運びも便利なのです。



広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

住宅解体後にチェックすること

住宅を解体する前のチェックは怠らずにしていても、住宅が解体された後も安心しきってはいけません。


解体工事後の建物滅失登記を建物も登記簿を閉鎖する手続きとともに、申請を行うことが義務付けられています。


1か月以内に管轄の法務局へ申請をしなければ建築の許可がおりない・存在しない建物に固定資産税がかかるといった問題が起きてしまいます。


罰金が科せられることもあるためスピーディに行うことが必要になります。
契約通りに終えることが出来ているかチェックをして、解体は終了となります。


契約通りに優良業者を選ぶためには、マニフェストをしっかりと処理することが出来るところかどうかを確認すると良いです。


解体後の建物から出た産業廃棄物を処理する排出事業者にきちんと託すことが出来るところは信用出来ます。


依頼者であるお客様は処理を確認する権利があるため、マニフェストの票をコピー請求することが可能となっています。


きちんと押印がされているかどうかで廃棄物が処分されているかを知ることが出来ます。
マニフェストについてしっかりと理解している業者を選びましょう。



広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

住宅解体前に確認しておくこと

解体工事をする場合には、あれこれと確認しておくべきことがあります。
まずは、着工日です。


着工日が重要なのは住人よりもその住人の周りに住んでいる人たちのほうです。
通常、解体工事は多かれ少なかれ近所に迷惑をかけていしまうことがあります。


例えば、振動や音、粉塵などです。
解体工事でクレームが多いのはこの3つです。


この3つのクレームの原因を完全に防ぐことは難しいです。
ただ、クレームを極力防ぐことは可能になります。


その方法は近所の人にいつから工事が始まるかを知らせることです。
できれば工事終了予定日も一緒に伝えるとよいでしょう。
もちろんお菓子などを手渡しすることも忘れてはいけません。



次に電気やケーブルTVについて確認をしておく必要があります。
解体工事をする前には電気やケーブルTVをいったん止めておかなければなりません。


電気に関してはそのまま開通した状態で解体工事を始めてしまうと漏電などの心配があります。
また、ケーブルTVもアンテナをしっかりと取り外した状態にしておくのが望ましいです。



手続き時に以上のものを確認して、解体工事前にも再び確認すると忘れることはないでしょう。


広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

解体工事業者選びのポイント

住宅を建て直すなどの理由で解体工事をする場合にはまず工事業者選びから始めなくてはなりません。


過去に解体工事をお願いした業者であれば別ですが、そうでなければどの業者にしたらいいのか迷うはずです。
そこで、どのようなポイントで解体工事業者を選んだらよいでしょうか。



選び方のポイントは見積もりで判断します。
世の中にあるほとんどの解体工事会社は優良な会社ですが、一部悪質な会社もあります。


その会社の特徴は大きく分けて2つありひとつが適正価格よりも高額の料金を取ること、もう一つは手抜き工事をすることです。


後者の場合は住宅建築よりは影響はありませんが、前者の場合は意外に多いのです。
なぜなら、解体工事をする場合の相場が一般人にはわかりにくいからです。


これは意図的にわかりにくくしているというよりもその住宅の形や材質、周りの環境、建物の大きさなどによってその価格は大きく変わり適正価格を出すのが難しいからです。


そこで、間違いない会社選びをする場合には相見積もりをする必要があります。
相見積もりとは複数の業者に見積を任せることです。


これにより見積額が他社よりも大幅にオーバーした会社が一目でわかります。



広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

改正大気汚染防止法とは

解体工事をする時には改正大気汚染防止法に則って行われなければなりません。
では改正大気汚染防止法とは何でしょうか。



従来の決まりとして、住宅やビル・マンションなどの建築物を解体工事するときに発生するアスベストの飛散を防止するために、特定建築材料である吹付け石綿及び石綿を含有する断熱材、保温材及び耐火被覆材を使用している建物を解体する場合には届け出が必要になっています。


ですが、平成25年6月21日に改正大気汚染防止法が公布され、平成26年6月1日に施行されたことでさらなる石綿の飛散防止を図るために届出及び作業基準の遵守が必要になりました。

これはアスベストが人間の体内に入るととても危険な状態になることから定められた法律と言っても過言ではありません。


アスベストは石綿と言われる通り、もともとは自然界にあるものです。
それを建物の一部に使い始めてから(解体等が原因で)人間の体内に悪影響を及ぼすことがわかりました。


具体的にはアスベストが体内に入り込むとそこで消滅せずにずっと体内に残るのです。
20年から40年間体内に潜伏すると肺がんや中皮腫などの病気になる可能性があるのです。

広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

解体工事を始める前に、アスベスト関係の届け出をしましょう

解体工事をする時には様々なものが粉塵として空気中を舞います。


単なるほこりなら100歩譲ってもまだ許せますが、それが毒性のモノだとしたら近隣住民はかなり迷惑します。


解体工事で発生する毒性のモノと言えばアスベストです。
アスベストとは別名石綿と言われている繊維です。


繊維は普通目に見えるものではないぐらい細かいもので、元は天然の鉱物繊維なのです。
もし、空気中に混ざってしまうと消滅せずに空気中を浮遊し続けます。


もしそれを肺に吸い込んでしまえば20年後から40年後に肺がんや悪性中皮腫になることがあるのです。

アスベストの含まれる建物は2000年以前の建物になりますので、2000年より前の建物を壊す時には注意が必要です。

改正大気汚染防止法はすべての解体等工事は石綿使用の有無について事前に調査し、調査結果を解体等工事の場所へ掲示しなければならないとしています。


また、アスベストの飛散を防止するため、アスベストが発生する可能性があるか建物を壊す場合は各地方自治体に届け出をすることと作業基準の遵守をしなければならないのです。


 

広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

アスベストにはレベルがあります

アスベストはその粉じんが、飛散しやすいかどうかでレベルが分けられています。
アスベストを含む建築物は解体作業を行う必要がありますが、発じん性と呼ばれるアスベストが飛散する程度で、レベル1から3に分類し作業をします。

 

レベル1に該当するものが最も危険性が高く、ニュース等でよく見かけるねずみ色の吹き付け材のようなタイプです。


解体にともなって繊維が飛び散るので、取り扱いに配慮が義務付けられており、発じん性が著しく高いとされています。


レベル2には、保温材や断熱材などに含まれているものが該当します。
飛散の可能性は低くなりますが、アスベストを含んでいる割合は大きいので危険であることにかわりはありません。


レベル3は、建材の形状が異なっており板状のものが多いことが特徴です。
成形板類とも呼ばれ、日常的な使用で飛散する可能性は低いため、法律上の制限もそれほど厳しいものではありません。


最後に適用外と呼ばれるものがあり、アスベストの含有率は高いのですが、前述した分類には該当しないシールやパッキン類などがこの分類となります。



広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

アスベストによる健康被害

アスベストによる健康被害が大きな社会問題として騒がれたこともあって、今では危険なものという認識が広がっていますが、以前は保温と断熱に優れた素材として建築現場で盛んに使用されていました。


現在では原則として製造等が禁止され、新たに使われることはありませんが、アスベストが使われた建設物は数多く残っていおり、解体時にアスベストが飛散することについて問題視されています。


ここで注意したいのは、アスベストは存在していること自体が危険なのではなく、飛び散ったものを吸い込んでしまうことが危険であるという点です。


通常、人間の肺に入ってきた綿や紙などの繊維は白血球が分解してくれますが、鉱物繊維であるアスベストは分解することができません。


少量であれば異物として痰のなかに混ざり、体外に排出されますが、大量に吸い込んだ場合は肺の中に蓄積してしまいます。


そして蓄積された異物によって細胞が炎症を起こし、肺癌や悪性中皮腫などの重大な病気を引き起こしてしまうのです。


こうした健康被害を出さないために、国は大気汚染防止法や廃棄物の処理及び清掃に関する法律などを定めており、事業者はこの法律に基づいて飛散防止に努めています。



広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

水かけって必要なの?

解体工事をする場合に気にしなければならないことはいくつかあります。

解体工事の予算も気になるところですが、それ以上に近所からクレームが入る可能性が高いことです。

解体工事でよくあるクレームは音・振動・粉塵です。

音に関しては建物を壊す音がうるさくて赤ちゃんが寝付けないといったクレームです。

小さい子供がいる家庭なら、多少の音なら我慢できるかもしれません。

しかし、毎日毎日続くとクレームを入れたくなる気持ちもわかるのではないでしょうか。

ただ、最近は音対策として、音を極力出さずに壊す機械などもあります。

振動に関しては、音同様に昼寝の邪魔になるという理由でクレームが多いです。

この対策としても振動を出さずに木材やコンクリートを壊す機械があります。

粉塵については、建物のネットを張っていても風が吹けば近所のベランダに飛び洗濯物に粉塵が付きやすくなります。

それによりクレームを入れる人も多いのです。

この粉塵対策は原始的ですが水かけが一番です。

水かけは本当に必要なのかという意見もありますが、現在の段階では粉塵対策としては一番効果があります。

 


広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

ページトップへ