感染性廃棄物とは

医療関係機関等から発生した廃棄物を処理する際に、その中にも分野別に分かれていることをご存知でしょうか。


感染性・非感染性・それ以外の紙屑等の廃棄物を指します。


非感染性廃棄物は医療機関の中で医療行為等に伴って生ずる廃棄物のうち、感染性廃棄物以外のものを言い、医師等が感染性の恐れがあると判断したものが含まれます。


ポイントとしては、排出時から分別を行い、処理方法が他のものと異なることを理解して分けなければいけません。


安全性を配慮した上で、処理を行わなくては次の段階の人への問題となってしまいます。
物の状態によって保管や処理の委託について理解を行うことが必要になります。


医療関係機関等が処理を他人に委託する際に、マニフェストの交付が必要となっているため、気を付けて行うことが大切になります。


処分を行う手順は簡単なものではなく、マニフェストの伝票の控えと送付されたものは5年間保管するといった守りごともあります。


観戦をしているだけではわからないことも多くあるため、物事を一つずつ理解して処分を行っていきましょう。



広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ページトップへ