アタッチメントとは

建築工事の重機にはアタッチメントという取り替えことが可能な器具があります。


建築工事重機にひとつの機能しか持てないもので、例えばブルトーザーやローリー車もあり、これらにはこの装置はつけることはできませんが、油圧シャベルやクレーンの用途のものでは、このアタッチメントを付属装置として取り替えることでいろいろな建築工事の用途に使用できます。


油圧シャベルの先端の掘削機をつけて、ドリルのようにコンクリートを粉砕したり、地面に簡単に穴をあけることもできます。


またクレーン機ではアームの部分をすくうタイプでなく、フラットなアタッチメントを使用することで地面をならすこともできるので、単なる土の運びだしだけでなく、ユンボの替わりもします。


このように一台の建築工事重機で何台も必要であったことを一台でまかなえるので重機を多数そろえる必要がないので便利です。


但しこのアタッチメントはすべての建築工事のバリエーションに対応していませんが、このアタッチメントの工夫によってはかなりの部分がフォローされることは間違いないと思われます。


広島・岡山・山口で住宅解体業者をお探しなら、

解体専門の桑原組にご相談ください。
http://kuwahara-kaitai.com/

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

ページトップへ